講習会情報

Home > 講習会情報 > 「建築の設計図書の電磁的記録による作成と保存のガイドラインの勉強会」

「建築の設計図書の電磁的記録による作成と保存のガイドラインの勉強会」

講習会情報 2019年09月11日

「建築の設計図書の電磁的記録による作成と保存のガイドラインの勉強会」

 

 

建築士法において、建築士が作成した設計図書に記名押印し、15年間保存しなければならないとされているが電磁記録(電子データ)により作成し、保存することが平成16年に施行されたいわゆる「e‐文書法」により可能となったが基本的な方法がわからなかったことなどから普及してなかった。平成26年12月に「建築確認検査電子申請ガイドライン」が公開されその方法が明確になった。建築士事務所が電磁記録により作成し、保存する場合の法的根拠と方法について本講習により広く周知会得し普及促進することを目的とし開催いたします。

 

 

日  時   11月13日(水)

受付 午後1時00分より  講習 午後1時35分~午後4時30分まで

場  所   建設会館 3階 中会議室

講  習   DVDによる講習

 

受講料    会員 6,000円  非会員 9,000円 (テキスト代2400円含)

振込先)滋賀銀行膳所駅前支店(普)229596

  • 振込手数料についてはご負担いただきますようお願いします。

申込先    (一社)滋賀県建築士事務所協会 事務局へ直接FAXにてお申込ください。

  •  受講料は、 お振込いただくか窓口までご持参ください。
  •  HPからもお申込できます。
  •  当日欠席の場合も払い戻し等はできませんのでご了承ください。

TEL 077-526-4476  FAX 077-522-9610

申込締切 11月6日(水)

申し込み用紙 ⇒ ガイドライン講習会